ぼくらのえなじーを、だれかのはっぴーに

人生の備忘録。「あっ」と驚く発明は既存のアイデアと既存のアイデアの組み合わせで生まれる。そんなイノベーションの種を集めたい。経験の先に経験がある。人生を旅するように生きたい。みんなと人生を共有したい。将来の夢は世界一周とバリスタとゲストハウスオーナー

2014/8/5 自転車日本一周 東京〜稚内編 所信表明

懐かしの看板をどーん!!

f:id:manbookjourney:20170812164214j:plain


旅です!一人旅です!
自転車の旅日本1周なう!第2弾です!


今日の夜中に出発して
東京→矢吹(福島)→福島市石巻気仙沼→釜石→宮古→八戸→青森→函館→札幌→旭川稚内
といった経路で
北海道の稚内を目指してちゃりんこ漕ぎまくります!


前回の東京~高知の旅では
様々な出会いがたくさんありました。
日本中に色んな生き方が溢れていて、自分の生きる世界のちっぽけさを身に染みて感じました。


今回は被災地東北も通ります。
訪れるひとつひとつの場所で色んなことを感じ、気づき、考えるきっかけを作れたらなと思います。

f:id:manbookjourney:20170812164235j:plain


予想総走行距離約1,500km
なにが起こるか分からないけど、必ず走りきります!
待ってろ日本!
それでは、行ってきます!

2014/3/10 自転車日本一周 東京〜高知編 10日目② 

10日目
経路…高知~大阪(青春18切符)
頂いたもの…高知のみかん、こなつ?(東農大の創)、祖谷そば定食(兵庫の幸田さん)


自転車の旅、東京~高知編を終え、
東京に帰るため、青春18切符を買い8時間30分かけて大阪まできました。
7日目に泊まった『Tani 9 backpacker's Osaka』にまたまたお世話になることに!
わくわくしながら帰ってくるとオーナーのいなさん、ゲストのナムさん、カールと再会!
すごく嬉しかった!!(^_^)


夜は新しくきたネイトとカールと3人で近所の焼鳥屋さんに行きました!
20歳の日本人が23歳のアメリカ人、オーストラリア人を引き連れて入店すると、店内は『なんだなんだ!?』みたいな雰囲気に笑
みんなびっくりしてて面白かったです。笑
ネイティブの英語はやっぱり難しいけど
焼鳥とお酒を飲みながら、色々話して楽しかった!

f:id:manbookjourney:20170812163806j:plain


Tani 9は本当に居心地が良くて大好きです。
大阪に我が家ができたみたいで嬉しい!!


カールと来年二人で旅に出ることを約束し、Tani 9をあとにしてきました。
名古屋の音速、京都のHanahostel、箱根のねんねこや
にも寄りたかったけど時間がなくて断念(T_T)
今日はまた青春18切符を使って、ゆっくり東京に帰ります。

2014/3/10 自転車日本一周 東京〜高知編 10日目

おはようございます。
10日目の朝です。

f:id:manbookjourney:20170812163325j:plain

 


自分の尊敬する人物、坂本龍馬
志高き彼が、ここ桂浜で見ていたであろうこの朝日を一度でいいから見てみたかった!!
少しだけ、龍馬の気持ちになれたか気がしました。

 

 

2014/3/9 自転車日本一周 東京〜高知編 9日目

9日目終了!

ずっとずっとここに来たかった。
高知県桂浜に到着しました!
東京~桂浜
距離にしておよそ800km
この9日間、たくさんの人が自分のことを支え、助けてくれました。
しんどくて、ペダルが重くて、自転車が前に進んでくれなくて、へこたれそうになった時も
みんなが応援してくれてる。
みんなと一緒に走ってるんだ。
そう思えたから、乗り越えることが出来ました。
今回の旅で
人との出会いに喜び、別れに泣き、
言葉がでないほどの美しい景色に感動しました。
自分自身が成長したかどうかは分かりませんが
9日間という短い期間で
これからの人生の糧となるような刺激をたくさん受けました。
本当にありがとうございました!!
また時期を見て、高知から日本1周再スタートしたいと思います!
この旅で出会ったすべてに感謝!!(^_^)
旅は家に帰るまでが旅です。笑
明日から2日間かけて青春18切符で東京に帰ろうと思います。
また更新します!!

f:id:manbookjourney:20170812134459j:plain

 

経路…徳島県三好市池田町~高知県高知市桂浜
走行距離…98km
食事…おにぎり×5、唐揚げ、卵焼き、コロッケ、ゆでたまご、サラダ、トースト、ワカメスープ、豚まん、ぽんかん、バナナ、ブラックサンダースニッカーズかつおのたたき、四万十鶏のすきやき、黒糖葛餅
今日の宿…桂浜荘
頂いたもの…わんぱくゆずじゅーす×3、大豊町『グリーンテラス』のモーニングセット


今回の旅について記録しておきたいエピソードがいくつかあります。
今日で自転車の旅は一時終了ですが、もう少しだけ更新させてください。


この旅で自分は出会った方々に日本一周の応援メッセージをウインドブレーカーにお願いしてきました。


9日間で計49名の方々がメッセージを書いてくれました。
この応援メッセージは自分に勇気をくれ、走るエネルギーとなりました。

f:id:manbookjourney:20170812134632j:plain

 

f:id:manbookjourney:20170812134735j:plain


ありがとうございました。
このウインドブレーカーは一生の宝物です。
メッセージを書いて頂いた方とはデジカメのほうで写真を撮ったので自宅に帰ったらアップします。

 

 

2014/3/8 自転車日本一周 東京〜高知編 8日目

8日目終了しました!


経路…和歌山市徳島県三好市池田(和歌山~徳島は南海フェリーにて移動)
総距離…138km
走行距離…76km
食事…バナナカステラパン、黒糖バターロール、コッペパン、しょうが焼き定食、やきめし、ぽんかん、バナナ
頂いたもの…ホットコーヒー(上門さん親子)、チロルチョコ桜餅味、カイロ(中前さん夫婦)、お手紙、徳島国体のストラップ(和歌山市民の方)、チョコかっぱえびせん(徳島市民の方)、バナナ、お菓子(小西旅館のおかみさん)


『生きていれば、it's all right.』
これは大阪ゲストハウス
『Tani 9 backpacker's osaka』
のヘルパーよっしーから頂いたメッセージです。


自分は今まで、
よい学校に入るために勉強し、
よい会社に入るためによい学校を卒業し、
よい暮らしをするためによい会社に就職する。
これが男としての成功である。

そう考えてきました。


でも今回の旅で感じたのは、それが全てではないということです。
今回の旅をして
出会うはずの無かった人に出会い
見ることのなかった景色を見て
触れることのなかったたくさんの人の優しさに触れることができました。
そこには笑いがあり、喜びがあり、悲しみや切なさもあります。
東京で皆と同じように暮らしていたらなかなか感じることの出来ない感情をダイレクトに感じているんです。


もう毎日が感動の連続です。
色んな感情で心動かされっぱなしです。


喜びであれ、悲しみであれ
感動する。
っていうことこそ人生の醍醐味なんじゃないかなって
思うようになりました。


そりゃ、たくさんお金があって高価な物を買えて、美味しいものを食べれて、大きな家に住めれば
幸せかもしれません。
それも一つの感動かもしれません。
でもそれだけじゃ気づけない感動だってあるんです。
たとえ生活が豊かじゃなくても見つけることのできる感動があるんです。


自分はひとり旅をおすすめします。
この旅で出会った人、訪れた場所、見た景色。
運命で出会うべくして出会ったのかどうかは分かりません。
しかし、行動しなければ
見つけることのできなかったものでしょう。
小さいテリトリーで生きているだけじゃもったいない。
世界は広く、そこにはたくさんの感動が転がっている。
行動すれば運命は自分でたぐりよせることができる。
『生きていればit's all right.』
生きてさえいれば。
お金はなくとも豊かな人生を育むことが出来る。
だからこそ命は大切にしなければならないんだなって。


もうすぐ3月11日です。
失われてしまった命の分も
生かされてる自分達は精一杯生きるべきです。
だから自分は明日も精一杯走ります。
向かうのは今回の旅のゴール、高知県桂浜。
どんなゴールが待っていてくれるのでしょう。
とても楽しみです。

 

f:id:manbookjourney:20170812134131j:plain

2014/3/7 自転車日本一周 東京〜高知編 7日目

7日目終了しました!
経路…大阪~和歌山
走行距離…65km
食事…ワンタンメン、牛丼特盛、日本一たい焼き(あんこ、ポテト)、カップヌードル、シュガーマーガリンパン、コッペパン(あずきマーガリン)、ラーメン、アポロ、サラダスパゲッティ、ミニチョコパン×5
頂いたもの…ポカリスエット(和泉ナンバーの男性)ワンタンメン(Tani 9 Backpacker's Osakaのよっしー)、ラーメン(コインランドリーで出会ったおじさんにごちそうになりました)
今日の宿…東急イン(和歌山市内にはゲストハウスがありませんでした(>_<))


昨日泊まったゲストハウス
『Tani 9 backpacker's Osaka』はめっちゃグローバルなゲストハウスでした!
自分以外みんな外国の方。
ほんとに大阪にいるのか!?
ってほど英語ばっかり!笑
昨日仲良くなったのは
ナムさん(韓国)
カール(オーストラリア)
リチャード&エマ(オーストラリア)
オリバー(オーストラリア)
マリア(デンマーク)
よっしー(日本人のヘルパー)


ナムさんとは夜中の12時にミナミの街に繰り出し(大阪でミナミとは難波のことらしいです!よっしーに教えてもらいました)
二人でワイワイ観光をしましたヽ(・∀・)ノ


グリコとか、道頓堀とかめっちゃテンションあがりました!
ナムさんは日本語の勉強のために日本のドラマをよく見るそうなんですが、最近は『失恋ショコラティエ』にはまってるらしいです笑


カールはかなりの強者で、京都の山の中にテントを張り、ひとり野宿をしたという話をしてくれました。
最後の方は食料がなくなり、氷点下のなかぱっりぱりのおにぎりを頑張って食べてたらしいです!
はんぱない!笑


二人は自分に英語を
東京人の自分は二人に関西弁を教えてあげました!笑


そして今日は早めに宿についたので少し昼寝をしたあと、和歌山城天守閣を見に行きました。


高台にあるのですが、登ってみるとそこにはまるで自分に『おつかれさま』
とでも言っているかのような
美しい夕焼けが広がってました。

f:id:manbookjourney:20170812133414j:plain


その瞬間この7日間の色々な想いが胸にこみあげ
またまた涙がとまりませんでした。


泣いてばっかりです。笑


今日で東京を出発してから1週間が過ぎました。
あっという間にこの旅もあと2日となりました。


道路で走ってる時やお店でごはんを食べてるときなど多くの応援、支援を頂いてます。
ほんとにありがとうございます。


でもそれ以上に嬉しいことがあります。
自分がこうしてTwitterFacebookを更新する度にイイネやコメントをしてくださる皆さんがいることです!


自分がケータイを見るたびにイイネやコメントが増えていて
本当に嬉しいですし、その数だけ走るエネルギーとなっています。
皆さんの優しさが自分に走る力をくれるのです。
いよいよ明日は四国に渡ります。
初めての四国にどきどきわくわくしています。
ツーリーングマップルも中国・四国編へと突入です!
明日も力いっぱいペダルをこぎ続けます!

2014/3/7 自転車日本一周 東京〜高知編 6日目

6日目終了しました!


今日のルート…京都~大阪
走行距離…50km
食事…バナナ、よもぎパン、チーズカレーまん、ごはん、明石風玉子焼き、大根おろし、味噌汁、ミカンゼリー、漬物、お好み焼き、焼きそば、地鶏、ねぎ焼き、山芋焼き
頂いたもの…power ber(自転車ライダーの清水翔太さん)、バナナ(インドからきたシュリー)、大阪の手書き地図(ヘルパーのよっしー)


明日のルート大阪~和歌山


『辛くなってもペダルをこいだぶんだけ確実に進みます』
これは京都ハナホステルで出会った翔太さんから頂いたメッセージです。
この言葉にすごく感銘を受けました。
この6日間で一番きつかったのは5日目の名古屋~京都間でした。
おおよその距離は150km弱。
途中には鈴鹿峠があり、アップダウンの険しい道のりで、さらに前日の睡眠時間は4時間弱でした…


ママチャリで150kmを1日で走るのは一般的には無茶だと考えられてるらしいのですが
時間がなかったため決行せざるを得ませんでした。


案の定残り30km地点に来たときには精神的にも体力的にも限界寸前でした。
平均ペースは10kmも出ていなかったと思います。
それでも『つらいのは今だけ』
そう自分に言い聞かせ、とにかくペダルをこぎ続けました。
朝6時に出発したのですが、宿についたのは夕方の6時過ぎでした。
とてもとても過酷でした。
でもどんなに辛くても、どんなにペースが遅くても、自転車をこぎ続けたから
ゴールにたどり着くことができました。


僕には将来の夢があります。
それは僕にとって大きな夢です。
叶わないかもしれません。
途中で挫折するかもしれません。
でも、どんなことがあってもペダルをこぎ続けて行きたいと思います。


『 辛くなってもペダルをこいだぶんだけ確実に進みます 』


この言葉を胸に刻み、これからの人生を生きていきます。
この言葉をくれた翔太さんに感謝します。